TOP > 沿革

株式会社ノイマンの沿革

1984年9月 大手主要企業及び自社製品(ME応用機器)の企画・開発・販売を目的とした、株式会社クリエイティブテクノロジーセンターを世田谷区池尻に設立
1985年9月 自動車教習所向け コンピュータ学習機「TX-101」がヒット商品として日経新聞で紹介される
1987年2月 自社製品「TX-101」の後継機種として、教習所向け新製品「X-UP学科教習システム」の開発・販売を開始
1987年12月 商号を「株式会社クリエイティブテクノロジーセンター」から「株式会社シーティーシー」に商号変更
1990年5月 商号を「株式会社シーティーシー」から「株式会社ノイマン」に変更
1995年4月 自社製品「X-UP」の後継機種として、教習所向けコンピュータ学習機「武蔵」の開発・販売を開始
1997年3月 自動車教習所向け 危険予測トレーニングシステム「飛び出し人形」の開発・販売を開始
1998年3月 初の支店となる大阪支店を開設し、関西エリアの事業拡大を図る
1998年9月 2箇所目となる仙台支店を開設し、東北エリアの事業拡大を図る
1999年4月 福岡支店を開設し、九州エリアの事業拡大を図る
1999年5月 自動車教習所向け 危険予測システム「竜馬」の開発・販売を開始
2000年4月 会社創立15周年事業として、自動車教習所の設置者(経営者)の方をメンバーとする会、「ノイマン・フェロウシップ」の運営を開始
2001年9月 自動車教習所向け インターネット学科学習システム「i-武蔵」の開発・販売を開始
2001年11月 自動車教習所向けコンピュータ学習機「武蔵」の後継バージョンとして「MUSASI・V2」を開発・販売
2002年7月 自動車教習所向け集客システム「いるいる」の開発・販売を開始
2005年5月 自動車教習所向け営業支援システム「N-CAS」の開発・販売を開始
2005年11月 自動車教習所向けコンピュータ学習機「MUSASI・V3」をリリース
2006年3月 自動車教習所ポータルサイト「どらスク」を運営開始する。
2007年4月 自動車教習所向け 学科授業用視聴覚教材「N-PLUS」の開発・販売を開始
2007年11月 株式会社ソルクシーズ(ジャスダック上場)グループ入り
2009年1月 自動車教習所向け基幹システムを開発・販売する株式会社ワイ・エス・アール(山梨県)を子会社化
2010年3月 株式会社ワイ・エス・アールを吸収合併
2011年10月 自動車教習所向けコンピュータ学習機「MUSASI・V4」をリリース
2013年5月 学習塾向け e-ラーニングシステム「KOJIRO」をリリース


おもな製品とサービスのご紹介>> more

  • 効果的な学習のサポート MUSASI
  • 効果的な学習のサポート ITによる業務効率アップ N-PLUS
  • 効果的な学習のサポート ITによる業務効率アップ Drivit
  • 効果的な学習のサポート KOJIRO
  • 効果的な学習のサポート シミュレータ
  • 効果的な学習のサポート 運転適性検査器
  • ITによる業務効率アップ ノイマン自動車教習所システム
  • ITによる業務効率アップ WEBを活用した営業支援 N-CAS
  • WEBを活用した営業支援 どらスク
ページトップへ