TOP > KOJIRO

e-ラーニングシステムKOJIRO

KOJIRO(コジロー)は、学生の基礎学力向上を実現する反復学習システムです。
楽しみながら勉強を続けるための仕組み、サポートする機能が満載です。

就職試験対策用 Kojiro-SPI(コジロー エスピーアイ)も近日公開!

楽しく、始めやすく、続けやすい勉強が苦手な生徒に優しい仕組み

勉強が苦手な生徒でも、ゲーム感覚でとっつきやすいように、キャラクターを用いた直感的に操作しやすいインターフェイスや、
4択式の出題、ポイントなど、継続的に利用されるような工夫を凝らしています。

  • 楽しいしくみ!

    • キャラクターによる説明やナビゲーション
    • カラフルな画面による楽しい雰囲気
    • 重要項目のアニメーションによる分かりやすい解説
  • 始めやすい仕組み!

    • 5問1セットによる短時間でのサイクル
    • 4択式での解答方式でスムーズな解答促進
  • 続けやすい仕組み!

    • ポイント付与によりポイント収集を継続意欲に
    • 解答、正解でポイント、メダルを取得しレベルアップ
    • PCのほか、スマホ、タブレットでも操作可能

反復学習がしやすい仕組み楽しく反復学習

3つのステージで構成され、テンポよく効率的に反復学習するため、正解状況による不正解問題の自動抽出や、
関連テキストやアニメーションも展開し、苦手分野、苦手形式の克服ができるようなプログラムとなっています。

  • 問題自動抽出!

    • 約7万問から自動的に問題を抽出
    • 不正解問題の自動抽出により反復学習
  • 段階的なステージ!

    • 項目内3ステージ突破型
    • 同一問題でも形式を変え出題し本質的な学習を促進
  • 学習コンテンツ!

    • 項目別のデジタルテキストでいつでも学習
    • 会話式アニメーションで分かりやすい説明

生徒、講師ともに苦手項目を把握苦手項目が一目瞭然

解答結果は全て記録され、生徒には各項目での解答率から苦手項目を把握し、講師は生徒別に具体的に
どの設問で不正解だったのかを一覧表示でき、それぞれ克服すべき項目や内容について把握することができます

  • 生徒による把握!

    • 各単元、項目別に正解率を表示
    • 累計正解率により習得度合いを把握
  • 講師による把握!

    • 生徒別に解答状況を表示
    • 不正解問題のみを抽出し一覧表示
  • 反復学習へ!

    • 生徒は苦手項目を把握した上で
      苦手問題チャレンジへ
    • 講師は不正解問題把握から
      苦手克服のための指導へ

4択だから手が止まらないすべて4択問題(7万問)

小・中学の主要5教科、約7万問の問題は全て4択での解答形式となり、テンポよく解答しやすくすることで、次々と問題をこなすように促します。
また、不正解時には4択から2択になり、再度自分で考えて解答することを求めます。

  • 約7万問の問題!

    • 小中学の主要5教科から約7万問の問題
    • 問題は4択での解答形式で出題(一部2~3択)
  • 不正解時に2択に!

    • 不正解時に2択解答を表示
    • その場で再考を促す
  • テンポよく進む!

    • ゲーム感覚での解答だからスピーディ
    • テンポよく進むことでより多くの問題にチャレンジ

短い時間でも手軽に学習5問1セットでいつでも、どこでも (スマホ、タブレット、PC)

各学習メニューは5問1セットで出題されるため、短時間でも学習できます。
また、PC以外にスマホ版、タブレット版も備わっているので、ネット環境さえあれば場所を問わず、手軽に利用することができます。

  • 5問1セットで出題!

    • 各学習メニューは5問1セットで出題
    • 短時間区切りで反復学習がしやすい
  • マルチデバイス対応!

    • PC以外にスマホ、タブレット版対応
    • ネット環境さえあればいつでも利用可能
  • 手軽に利用!

    • 時間にとらわれず、空いた時間に利用
    • 場所にとらわれず、どこでも利用

先生と生徒の対話式アニメーションKEY項目はアニメーションで解説

各単元のアニメーションによる学習アニメーションが用意されており、苦手な単元や項目に応じて、より分かりやすく学習することができます。
先生と生徒の対話形式でのアニメーションで分かりやすく展開されます。

  • 単元ごとに網羅!

    • 全教科全単元に対応
    • 苦手分野などニーズに合わせて利用
  • 図解と音声!

    • 黒板に図解で表現され展開
    • 図解と音声が連動して説明
  • 対話形式で展開

    • 先生と生徒の対話形式で展開
    • ユーザーも生徒に模して授業体験

先生から生徒にいつでもメッセージ送信先生から1対1のメッセージ

管理者は管理画面から生徒別にメッセージを送信することができます。
送信されたメッセージは生徒側のマイページ(黒板エリア)にて表示され、進捗や成果状況に応じてフォローや連絡ができます。

  • 個別メッセージ配信!

    • 生徒別に個別にメッセージ送信
    • 生徒の状況に応じてコミュニケーション
  • 一斉メッセージ配信!

    • 配信対象を指定してメッセージ送信
    • 各種連絡にも利用可能
  • マイページに表示!

    • マイページログイン時に表示
    • 毎回利用時に目に留まり見逃し防止

ポイントでモチベーションの維持と向上問題をやるだけでポイントアップ

各問題に解答し正解をすることでポイントを獲得できます。獲得したポイントに応じてメダルの付与やレベルが上がります。
生徒の継続的な利用やモチベーションに利用できます。

  • 正解でポイント付与!

    • 問題に応えるだけでもポイント付与
    • 問題に正解するとポイント付与
  • ポイントでメダル!

    • ポイントが一定数貯まるとメダルゲット
    • メダル、レベルがマイページにて表示
  • モチベーションに活用!

    • 目標ポイント/獲得ポイントをマイページで表示
    • カレンダーでポイント表示で継続的利用促進

ステージでの難易度を設けたゲーム性ステージクリアで難問にチャレンジ

各教科、項目内では難易度別にステージが設けられており、各段階でのステージをクリアすることで上位ステージにチャレンジすることができます。
習熟度に応じた目標とクリアすることでの達成感を味わえるゲーム性を備えています。

  • 全3ステージ!

    • 各教科/項目別に3ステージ
    • ステージクリア状況を一覧把握
  • 段階的な学習!

    • ステージ1から順にレベルアップ
    • 習熟度合いに合わせた難易度別出題
  • クリアの目標!

    • 少し先のゴール設定による意欲促進
    • 少し先のゴール達成による達成感

習得度合いが一目瞭然項目毎の正解率が一覧表示

各教科、各項目、各ステージの正解率が一覧で表示されます。
一覧で表示されるため、各項目での得意・不得意の状況を分かりやすく把握できます。

  • 教科・項目別正解率!

    • 教科/項目別に正解率を表示
    • 前問題の累計正解率を表示
  • 全項目一覧表示!

    • 教科別に全項目を一覧表示
    • ステージ別含めて正解率を一覧表示
  • 得意・不得意の把握!

    • 一覧表示より得意/不得意項目を把握
    • 習得度合い把握からテキスト/アニメなどに誘導

苦手分野を重点的に反復学習「リベンジ」機能で苦手を無くす

各種問題に解答した結果、不正解となった問題については記録し、不正解問題として蓄積され、
各教科で一定の不正解となった場合、間違えた問題のみを集約した問題集として学習できます。

  • 間違った問題を把握!

    • 各項目での不正解問題を蓄積
    • 一定の正解により反復解除
  • 反復学習で習得!

    • 不正解問題のみを集約し出題
    • 不得意分野の反復学習
  • 苦手分野の克服!

    • 苦手分野を客観的に把握
    • 反復学習から苦手分野を克服

反復学習をリスニングにもリスニングにも対応

5教科はもちろん、リスニング問題も学習できます。英語の問題の一部にも、リスニングによる基礎力強化問題を用意しています。

  • 単語と音を一緒に!

    • サービス音声を確認しながら解答
  • 重要構文を耳で!

    • 英文法の定着にリスニングを活用
  • リスニング対策も!

    • リスニング対策問題も別教科として用意

学習状況・成績を詳細に把握先生や保護者も正確に状況把握できる

生徒が学習する履歴は、ステージの進捗状況や 各種問題の成績、苦手問題・項目などについても把握できます。
講師/教室別にも、成績や学習状況についてもリアルタイムに閲覧可能です。

  • 学習状況の把握!

    • ステージや実施問題など学習状況を把握
    • 各種項目、ステージの成績を把握
  • 苦手項目の把握!

    • 不正解問題の一覧表示
    • 不正解問題の誤りについても表示
  • 講師・教室別の把握!

    • 教室/講師別に生徒の学習状況を表示
    • 獲得ポイントなどでグループでの競争も活用可能

おもな製品とサービスのご紹介>> more

ページトップへ